水曜日のダウンタウンでのクロちゃん流恋愛アプローチを見て感じたこと

水曜日のダウンタウンの大人気企画【モンスターハウス】がヤバい


なにげにお笑い好きな桜井です♪



最近は、クロちゃん(安田大サーカス)やナダル(コロコロチキチキペッパーズ)の性格の悪さをイジりまくる系がツボです( *´艸`)



ところで・・『水曜日のダウンタウン』というテレビ番組をご存知でしょうか?



その名の通り、水曜日の夜にダウンタウンが司会をつとめるバラエティー番組です。



ブラックな笑いやシュールな笑いを提供してくれるヤバめな番組として知られていますよね。



その番組の中で、安田大サーカスのクロちゃんが、男女3人ずつの計6人で共同生活を送るという企画がありました。



その名も、、



モンスターハウス(w( ̄▽ ̄)w)



男女がシェアハウスを舞台に恋愛をする人気番組のテラスハウスをまんまパクった企画です。(笑)



その、モンスターハウスで見せるクロちゃんのやりたい放題感があまりにも凄まじく、毎回といっていいほど日本全国に爆笑とドン引きをさせてくれていたわけですが・・・(๑>◡<๑)



それと同時に、クロちゃんの女性陣に対するアプローチの仕方が悪い例としてとても参考になるので、それについて書いていきますね。



モンスターハウスでのクロちゃんが最高に面白いけど、恋愛のアプローチとしては・・?


クロちゃんが3人の女性の中で最初に気に入ったのが、莉音ちゃんという20才の若くて可愛い女性でした。



で、クロちゃんは猪突猛進型のようで、莉音ちゃんに対してガンガン攻めのアプローチをていくわけです。(この勢いは本当にヤバい!汗)



まだ、お互いのことをよく知らない状態なのにもかかわらず、



●普通に好きと言ったり、好きアピールする。


●手の込んだプレゼントをする。


●あからさまにキス狙いの行動をする。



ということをしていました。



莉音ちゃん的には、


●好意を示してくれていることはうれしい


●とにかく勢いがスゴいのと、いきなり距離を詰められすぎて戸惑っている



↑このような2つの気持ちが入り混じっていて、その心中は複雑そうな感じでした。(序盤~中盤くらいまでは嫌悪感までは無さそうな感じでした(^^))



たとえば、莉音ちゃんがクロちゃんに好意を持っている状態で同じことをされたら、それは素直にめちゃくちゃ喜ぶでしょう。



もしくは、クロちゃんが莉音ちゃんのタイプであったとしてもうれしいはずですよね。



でも、まだ互いによく知らない関係だったり、タイプではない男性から上に挙げたようなことをされると、



困惑させたり、引かれたり、最悪の場合は嫌われます。



なぜだかわかりますでしょうか?



おそらく、その時の女性側の心の中は、



〔えっ?あなたは私の何を知ってるの?〕


〔なんか重いしキモい!〕


〔S◯Xしたいだけじゃん!キモっ!〕



↑こんな感じです(ノ_<)



つまり、、



【クロちゃんが、莉音ちゃんの気を引こうと懸命に努力しているのに、その努力がすべて裏目に出てしまいかねない危険な状態】



ということになります。



これでは、



クロちゃん側から見ても悲劇だし、



莉音ちゃん側から見ても迷惑でしかない、



といった、とても残念なことになってしまいます。



クロちゃんの彼女作りへの積極性は良し、ただし・・順序やタイミングは悪い!



一つ間違えてほしくないのは、



クロちゃんが莉音ちゃんにした、


●好きアピール


●プレゼント


●キス狙い



自体がダメなわけではないんです。


いや、むしろ積極性はとても大切ですし、素晴らしいです!



ただ、



タイミングが違うのです。(今回のクロちゃんの場合はタイミングが早すぎた汗)



このモンスターハウスでの共同生活において、クロちゃんがまず最初にすべきだったのは、



莉音ちゃんと少しずつ仲良くなっていき、莉音ちゃんのクロちゃんに対する好感度を上げていくこと



だったんですね。



普段の会話もそうですし、共同生活だからこそできるアピールもたくさんあったはずです。(一緒にキッチンに立ったりね)



そうやって、莉音ちゃんの中のクロちゃんに対する好感度が上がってから、



好きアピール、プレゼント、キス狙い、をすれば、それらは2人の関係を深める大きな要素になり得たでしょうね。



なんなら、莉音ちゃんがクロちゃんに惚れるという実際とは違う展開もあったかもしれません。(クロちゃんだけに確率はなんともいえませんが・・汗)



今回のクロちゃんの件を見ていると、女性を落とすことに対し、押しの一手だけで何も考えずに向かっていくことは危険だということがよくかりますよね。



女性側が押しに弱く、アタックしてくる男性のことがタイプであったり、ある程度好きであれば、押しの一手だけでも落ちることも十分にあります。



でも、その押しの一手が通用する条件が満たされていないとダメなんですね。



そして、当然、女性にはいろんなタイプがいるわけですから、それぞれのタイプに適した戦略で挑むのが賢いやり方です。



それらの戦略については、これからもこのブログにてご紹介していく予定です。



とにかく、この記事では、クロちゃんの失敗から得られる気づきを学んでくださいませ。



それと、まずは女性の自分に対する好感度を上げることが大切だと覚えておいてくださいね。



それではまた別の記事でお会いしましょう!



チャオ♪(●´ω`●)



あとがき



じつは・・・



クロちゃんが莉音ちゃんにキスをしようとした時、



莉音ちゃんは、



『クロちゃんの口がめちゃくちゃ臭かった』



と話していました。



もし、クロちゃんがキス前まで完璧に立ち回っていたとして、



莉音ちゃんもクロちゃんとキスをしてもいいという気持ちになっていたとしても、、



口が臭い!!(ノ_<)



という最悪な事実がすべてを台無しにしていた可能性は大です。



ですので、



このブログでもお伝えしている、清潔感や臭い(口臭、体臭など)に対する意識はきちんとしておくことをオススメいたします。



(コチラも参考にしてみてください→クリスティアーノ・ロナウドが語った身だしなみを整えることの大切さ!)



清潔感や臭いに気を配り、会話やメールなどのコミュニケーション能力も磨けばモテ男に近づけます。



がんばりましょうね!



恋愛に活かせる会話や、LINEの戦略を学べる教材もありますので、またご紹介しますね。



今回は以上です♪



ありがとうございました!(o^^o)



桜井



♥ムフフなおまけ♥

ケ・・・ケシカラン×1000!!ハァハァ!(*´Д`)