悲劇!同棲中の彼女が味噌汁を作ってくれなくなった!その真相とは!?

お味噌汁がめちゃくちゃ大好きな桜井です。(^^)



今回は桜井の恋愛エピソードを一つご紹介いたします。



そして、そこから得られた教訓も併せて書いていきますね。




それではどうぞ!


これは、桜井が22、23歳の頃に起こった、ある恐ろしい事件の話です。(ホラーやグロい系ではないのでご安心くださいませ)



その当時、同棲していた彼女(アイちゃん:仮名)がいました。



自分で言うのもなんですが、アイちゃんはかなりの美人さんでした。♥

↑(こんな感じです(*´ω`*))



お顔がキレイなだけではなく、身長が160㎝台半ばと高めで、細身の身体にデカめのプリケツ(プリンッとしたお尻)を装備しておりました。(ク〜〜!!!(><))



そんな、高嶺の花子さん的なアイちゃんとの同棲生活の中で起きた出来事です。(back numberの高嶺の花子さんという曲が好きです(*´ω`*))



同棲していたアイちゃんは、毎日ではないけれど、時々気が向いた時にご飯を作ってくれました。



正直、アイちゃんの料理の腕はごく普通でした。美味しい日もあれば、そうでもない日もあったりと、日によっていろいろでした。



それでも、桜井はアイちゃんが自分のために料理をしてくれてること自体がうれしかったし、とてもありがたく思っていました。(本気で(^^))



そんな、ある日の夜、、、



いつものように桜井が仕事を終えて帰宅すると、その日はアイちゃんがキッチンに立って料理をしてくれていました。



桜井「ただいま〜!おっ!アイちゃんご飯作ってくれてるんだ!ありがと〜!」


アイ「あっ♡お帰り〜♪ もうちょっとでできるからさ、先シャワー浴びてきたら??」


桜井「うん!そうするよ! いやぁ〜楽しみだなぁ♪ アイちゃんの手作り料理♪」


アイ「そんなこと言われたらプレッシャーだよ、自信ないからあんまり期待しないでよ〜!」



こんな会話をしつつ、桜井はシャワーを浴びにいきました。(世田谷の狭い1ルーム&ユニットバスだったので風呂に浸かることはほとんどなかったです(><))



シャワーを浴びてリビングに行くと、テーブルの上には料理が並んでいました。



その日のメニューは桜井の好きなハンバーグでした。

桜井「うぉっほーい!!ハンバーグじゃん!!やったぜぃ!!」


アイ「あんまり作ったことないから自信ないよ〜」 


桜井「いやいや、うんまっほー!いっただっきまーーす!!」

パクッ!モグモグモグ・・・・ゴクッ!


桜井「うっまーーっ!!ハンバーグ美味いよアイちゃん!(๑>◡<๑)」


アイ「えーっ!?本当に?よかった〜!!(●´ω`●)」



ホッとした表情と笑顔を見せるアイちゃん



続けて、桜井が味噌汁に手を伸ばしズズズッと一すすりすると、、



桜井「お味噌汁もうっまー!!えっ?何この味噌汁!めちゃくちゃ美味い!今まで作ってくれた味噌汁の中で一番美味いよ!」



と、その味噌汁がガチで美味しかったので、お世辞ではなくナチュラルに絶賛コメントを発したのです。



そんな桜井からの絶賛を浴びたアイちゃんがまた喜ぶ顔を見せてくれる、、、



そう思っていたのだけれど、


・ ・ ・ ・ ・


・ ・ ・



???


なぜかアイちゃんからの反応がない、、、


???

(な・・なぜだ!?なぜなのだ??今たしかにオレは味噌汁が美味いと言ったはず!えっ!?もしかして間違えてマズいって言ってしまったのか?いやそんなことはあり得ない!そんなボケ老人でもなかなかしないであろう言い間違えをするわけがない!だとしたらなぜ!?なぜアイちゃんは味噌汁をホメられて喜ばない!?なぜだ!!なぜなんだぁあぁぁーーーっ!!!くっ!!)


そんな思いが一瞬のうちに桜井の脳裏をグァーッと駆け巡る中、アイちゃんの口から衝撃の事実が語られた。


・・・


アイ「・・げだよ、、、」


桜井「???!!」


アイ「あさげだよ、、、」


桜井「ふぇっ!?」


アイ「その味噌汁、あさげだよ!!」


桜井「エェえーーーーーーッ!!!!!」


・・・・・


血の気が引くとはまさにこのことですね。



昨今の政治家さん達も真っ青の大失言。



今まで作ってくれた味噌汁の中で一番美味しいと言ってしまったのが、、よりによってインスタントのお味噌汁である



あ・さ・げ



ですからねぇ・・・(実際にあさげは美味しいんですよ!本当に(*´ω`*))



おそらく、この時のアイちゃんの気持ちを察すると、バカにされたように感じたり、怒りや悲しさやむなしさというものを感じたでしょうね。


知らなかったこととはいえ、誉めたつもりが逆にアイちゃんを傷つけるような発言をしてしまったことを激しく後悔しました。



そして、、アイちゃんは、、



アイ「もうお味噌汁作らないから!!」



と、桜井に言い放ちました。



そして、その後どうなったのか?



あさげ事件以降、本当にアイちゃんが味噌汁を作ることはなくなりました。(トホホ〜涙)


料理自体は時々作ってくれましたけどね。(でも、やはり作ってくれる頻度は減ったように感じました汗)



いやぁ〜今思い出しても恐ろしい出来事です。笑



この出来事から得られる教訓は、、、



彼女(奥さん)が作ってくれた味噌汁を誉める時は、インスタントではないかどうかをしっかりと確認すること(/ω\)



もう少し広げて言うと、、



良かれと思って言ったことが、相手を傷つけてしまうことがある。だから自分の発言には気をつけようね。



ということです。



この桜井の失敗談が、少しでもあなたの転ばぬ先の杖となれば幸いです。



あなたが幸せな恋愛をできるように願っております。



桜井でした。





あとがき



桜井のリアル恋愛エピソードはいかがでしたでしょうか?



このエピソードは、桜井の中でもかなり印象深いものであります。



こうして、あとから振り返ると笑い話として話せますけど、この時は本当に気まずかったです(-_-;)



あなたも、これから彼女ができたり、同棲したりする中で、喜・怒・哀・楽・さまざまな出来事が起こると思います。



それこそが恋愛の醍醐味ですので、存分に味わいつくしてくださいませ。




そして、その時はよかったら桜井にこっそり教えてくださいね♪



ではでは、恋愛を楽しみましょう!!チャオ!